一日2組限定、極上の町家でいただく京料理「御料理 光安」

Mitsuyasu

築150年以上の町家を改装た店舗、最初は場所がわからなくて通り過ぎてしまいそうになりました。普通の町家に表札が一枚、玄関のインターホンを押してお邪魔します。玄関をはいるとまず目に留まるのが、「人気大寄せ」の大きな傘。これは恵比寿神社の「十日えびす」で売られるもので、よく見るとたくさんの人型が吊り下げられています。これにはお客様がたくさんはいられますように、という願いが込められていて、お料理屋さんやお茶屋さんでよく見かけます。ちなみに大きさもいろいろあり、初年度は小さなものから始めて、お商売が繁盛するほどに、毎年大きなものに取り換えていくものだそうです。ちなみに光安のものはかなり大きなもので、「お商売繁盛ですね」と言いましたら、大将がはにかむように笑っていらっしゃいました。
お部屋はお座敷2部屋のみ、真ん中に位置するところに厨房があります。どちらのお部屋からも厨房の様子をうかがうことができ、真剣なまなざしで食材に向き合う大将をじっくり眺められるのも嬉しいところです。
一日2組限定ということで、料理担当の大将と、接客役の奥様、それにお手伝いの方が1-2人、本当に自分たちだけのためにお食事を作ってくれているのだなというのが感じられ、ゆっくりと、じっくりとお食事を楽しむことができます。お話もお料理の話からご家族の話までいろいろ。ちなみに奥様は清水焼のお店で働いていた時に、大将に出会われたとのこと。出される器がすばらしいと思っていたのですが、ここで合点がいきました。ミシェランの星がついたことに加えて、なんといっても一日2組限定ということで、予約をいれるのが難しくなってしまいましたが、半年待っても待つかいのあるお店だと思います。
最後に失敗談を一つ。夕方くつろいで一杯やっているところに電話の音。誰かと思いきや光安の女将で、「お待ちしているのですけどいかがなされました?」と。なんということか、予約をしていたのを失念。「すぐうかがいます」とお伝えしたのですが、パトさんはマッサージへ出てしまったところ。マッサージパーラーに電話をしたところ、今度は受付の方がびっくり、「ちゃんとお店に来ていらっしゃってますよ!」と。何を勘違いしたのかは?でしたけど、パトさんをピックアップしてそのままタクシーで光安まで。なんといっても1日2組限定、これほど冷や汗をかいたことはありませんでした。

Mitsuyasu

店名:御料理 光安
場所:https://goo.gl/maps/6Ufg6byqsKnDcvp2A
住所:〒602-8157 京都府京都市上京区小山町908-12
営業時間:お昼と夜
休業日:不定期
HP: https://kyoto-mitsuyasu.com/
予約ご希望の方はご一報ください。

Subscribe To Our Website

Join our mailing list to receive the latest news and updates from Kyoto.

You have Successfully Subscribed!

%d bloggers like this: