南仏のエスプリに京都のいにしえプラス「料理や ステファン・パンテル」

Ryoriya Stephan Pantel

京都に住まい始めたときに、当初はすべて和食で通していたのですが、だんだんフランス料理が恋しくなってきた時分に見つけたのがこのお店。最初はフィリップ・オブロンの店から検索をかけ、Kezako、そしてスーシェフを務めていたステファン・パンテル、彼の新しいお店として「料理や ステファン・パンテル」にたどりついた次第です。
京都にはフランス料理として看板をあげているお店がとても多いのですが、ほとんどは日本風にアレンジされたもの。それが悪いと言うつもりは毛頭ないのですが、純フレンチのパトさんにとっては、やはりフランス料理はフレンチであってほしい、インド人が日本のカレーになじめないのと同じような感じではないでしょうか。
その点ステファンは南仏育ち、我々の感性に合うところもたくさんあります。加えて京野菜への造詣深く、お店で扱う野菜は大原の市場で彼自ら選んでくるということ。日本風に細かい配慮がされつつも、もとのところでは確固たるフランス料理が脈うっている、最初の訪問から彼の料理に惹きつけられました。
ステファン自身も毎日お店に出てお客様の相手をしながら厨房へも目を光らせ、奥様はお客様の相手をしながら、気配りを欠かしません。もともとパリで知り合って、奥様の祖国である日本に来ることにしたとのことでした。大阪出身の奥様、京都に来ていろいろ苦労もなさったようですが、現在上の息子さんは南仏の学校へ在学中。日本とフランスを行き来しながら、がんばっているようです。
お食事に関しては、看板料理のフォアグラコンフィの奈良漬け巻きは、ぜひとも食べていただきたい一品です。本場もんのフレンチをリーズナブルに楽しみたい人にはお薦めです。

Ryoriya Stephan Pantel

店名:料理や ステファン・パンテル
場所:https://goo.gl/maps/1qH9EkjKefPapQy4A
住所:〒604-0974 京都府京都市中京区四丁目柳馬場通丸太町下る182
営業時間:12:00-15:00, 18:00-22:00
休業日:水曜日
HP: http://www.stephanpantel.com/
予約ご希望の方はご一報ください。。

Subscribe To Our Website

Join our mailing list to receive the latest news and updates from Kyoto.

You have Successfully Subscribed!

%d bloggers like this: